FC2ブログ
趣味が織りなす多ジャンル毎日複数更新のブログです!
http://kanu3state.blog44.fc2.com/
2Sと病院
2018-07-31 Tue 19:00
おばんです、せいです。

最近車の空調が焦げ臭いと思ったので、車を買ったところに持って行って見てもらったところ、
蛾を轢き殺しすぎて臓物が内部の高温になる金属部分に接触→焦げ臭い
ということが判明しました…
なんか魚を焦がしたような匂いがするなと思い、最初は外気が臭いのかと考えましたが車の外に出てみてもそんな匂いはなく、ボンネットあけたら焦げ臭い。
あまり水をかけて洗ってはいけないところなので完全に蒸発するまで匂い我慢して下さいってことでした…
現在はもうそんな匂いはしません。

さてようやく腱鞘炎を診てもらうために病院にいくことができました。
診断結果は「腱鞘炎」ということで確定。
完全に手首固定と親指固定のサポーターを出されました。
このサポーターが本当に高くて…
これ一つで私の一ヶ月分の食費を優に超えますし、贅沢なものが食えるレベルです。

----------------------------------------------------------------------
「指」は頭より賢い:「意識下の認識能力」実験結果

タイピストを被験者とした研究により、タイピングの誤りを脳が検知していない場合でも、「指」は無意識のうちに正しく知覚しているらしいことが明らかになった。

タイピストを被験者とした研究によって、タイピングの誤りを脳が検知していない場合でも、「指」は無意識のうちに正しく知覚しているらしいことが明らかになった。

バンダービルド大学の心理学研究者、Gordon Logan教授らによる研究で、論文は10月29日付けの『Science』誌に発表された。

研究チームは、1分に40ワードを打てるという熟練したタイピストたちを研究対象にした。彼らはある文書を、平均で90%という正確さでタイプすることができた。

研究者らは、画面上に表示される単語の約6%に、ありがちなタイプミスが含まれるように操作した(例えば「sweat」を「swerat」「swet」にするなど)。その一方でこのプログラムは、タイピストが実際に犯した誤りの約45%を自動的に修正した。

このタイピング実験のあとで、質問票によって調査を行なった。タイピストたちは、実際に自分が何をタイプしたかではなく、画面に表示される単語が自分がタイプを意図したものと同じだった場合に、自分の作業が正確であると判断していた(被験者の大部分は、追加された誤りを自分のせいだと思っていた一方で、プログラムによって修正された部分は自分の手柄だと考えていた)。

だが、タイピストのキーストローク速度からは、これとは別のことが明らかになった。間違ったキーを押した後の次のキーストロークでは、タイピストの指の動きは遅くなっていたのだ。

このことは、プログラムによって誤入力が自動修正されたために、タイピストが誤りに気付かなかった場合でも同じだった。つまりこれらの場合、タイピストは誤りに明確には気付いていないが、それでもその脳の運動シグナルには変化が生じていたことになる。

Logan教授は、[意識における認識にかかわらず]キーストローク速度が遅くなったということは、作業に関して、なんらかの「自動的な評価」が存在していることを示唆していると語る。「われわれが発見したことは、指のほうが真実を知っているということだ」と同教授は述べる。「身体が行なうことと、精神が行なうことは別々なのだ」

今回の実験結果からは、「誤りの修正」には階層化された段階が存在しているということが明らかになる可能性がある。つまり、「下位の」システムが実際の作業をこなし、「上位の」システムはその成果に判断を下すのではないか、とLogan教授は述べる。

このように制御に複数の段階があることは、音楽の演奏、発話、目的地までの歩行などのタスクにおいても確認できるだろう、とLogan教授は言う。ある人が初めてのレストランに向かうとき、その脳は目印となる建物を認識し、正しい順路を取り続ける。その間、足は[意識的なコントロールなしに]着実に歩みを続け、地形に合わせて無意識に姿勢を立て直している。

プリンストン大学のJonathan Cohen教授(認知神経科学)は、心理学者の多くは、精神がいくつかの方法で誤りを検知できると考えてきたが、「それを突き止めた者はいなかった」と説明する。「この研究では、巧妙な一連の実験を通して、異なったタイプのシステムを分離させることに成功している」

指のレベルにおける「自動的なシステム」が、より高次のシステムと組み合わさっている、という仮説には「直感的に惹き付けられるものがある」とCohen教授は言う。「だが、この考え方が真実なのか、それともこの考え方は、われわれがより良いアイデアに至るまでの間だけ都合の良いものに過ぎないのかは、まだ確認が必要だ」
(https://wired.jp/2010/12/10/指は頭より賢い:「意識下の認識能力」実験/)
-----------------------------------------------------------------------

結構古い記事ですが。
確かに無意識の内に指が動いていることはよくありますよね。

タイピングしてる時もそうですけど、ぼーっと文章を打ち込んでる時に指の感覚で「あ、今キー間違ったな」と思ったら瞬時に「BSキー」に既に指を伸ばしていますし。

これがタイピングだけではなく他の指を使う作業においても、熟練度が増して行くと自然と自動化みたいになるんですよね。

私の場合「そろばん」をやってた時に、問題の数字が目に入れば後はぼーっとしてても指が勝手に答えを出してくれるようになりました。
1科目10分間の制限時間ですが、いつの間にか終わってるという。
指の感覚で数ミリの差で球を入力出来たか出来なかったのか、そのズレで生じる数値はいくつなのかが自動的に修正がかかります。
間違ったと分かったとしても問題を再走するのが大幅の時間ロスと考えた時は切り捨てて次の問題へ、時間が余れば見直しができます。
まぁ見直しなんて時間は全くないですけどね…見直しできるレベルなら8段ぐらい行く。


現在サポーターをつけながら記事を書き込んでいますが、辛いですね、これは辛い…
市販のサポーターよりもガッチリ固定されているので親指の機能が完全に封鎖されています。
やっぱり指って大事なんやなって…


病院に行ったり買い物に行ったりするついでに、
もう読まないであろう漫画を売りに行ってきました。
又、間違って購入してしまったプリンターのインクとか…

もうそろそろ引っ越しが始まります。
なので少しでも荷物の整理を行って無駄なものは処理していかねばなりません。
少しはお金のたしにもなりますしね。
そのまま捨てて価値を放棄するよりは少しでもお金として戻ってくれれば…

2Sは「整理」「整頓」
どこに何があるかを把握することで効率化が図れます。
仕事でも家でも大事なことだと思います。
逆に綺麗すぎて仕事してないと思われることもありましたけど、
机の上をごちゃごちゃにしていつも捜し物しながら仕事する上司、先輩よりはずっと優秀でしたよw(前職、前々職)


したっけノシ

別窓 | 日常 | コメント:0 
<<H対L第13回戦2018 | 赤兎馬に乗りて | イロイロ動画>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 赤兎馬に乗りて |