趣味が織りなす多ジャンル毎日複数更新のブログです!
http://kanu3state.blog44.fc2.com/
落城
2016-09-26 Mon 19:00
おばんです、せいです。

「悲しいなぁ…」 
投稿者:変態糞転職者
8月16日(水)07時14分22秒 (大嘘)

1人暮らしから実家に移り住んで、幼少の頃からの馴染みのある自分の部屋を使い勝手の良さや趣味で構築した城を、また1人暮らしの為に自らの手で落城させなければならないという…
折角の部屋が…orz
家具が解体し、不要な物を処分し、殺風景となった部屋を見るとなんか虚しくなってきますね…

実家の自分の部屋なら賃貸物件とは違ってどんなに改造しようが自由でしたからねぇ…
押入れの中に壁紙を自分で貼ってベッド代わりにすることで少しでも部屋を広く快適にしようと実践に至ったわけですし。
天井にクーリングファン付けるのも天井に穴を開けなければならないですがそれも自分の部屋だから出来たことであって…

実家の部屋はたったの6畳。
次住む予定の部屋は1LDKなので今の部屋よりは余裕があるかなと。
居間と寝室。やっぱり分けたいよなぁ?



--------------------------------------------------------------------------
【9月23日 AFP】(写真追加)世界遺産(World Heritage)にも登録されている中国の史跡「万里の長城(Great Wall)」で、700年の歴史を誇る一画が修復作業の結果コンクリートで真っ平らに塗り固められてしまったことが判明し、中国のソーシャルメディア・ユーザーの間で激しい非難が渦巻いている。

 問題となっているのは、中国東北部・遼寧(Liaoning)省の小河口(Xiaohekou)に8キロにわたり、大自然の中に手付かずのまま残った城壁が続く区画だ。明(Ming)王朝下で1381年に建設され、「万里の長城」の中でも最も美しい場所として知られている。 

 インターネットに最近投稿された写真を見ると、修復前には城壁の一部が崩れかけて草木が生え、でこぼこした歩道があったところに、今は白いコンクリートでふたをしたように平らな道が目の届く限り延々と続いている。

「小学校すら卒業していない連中がやった仕事みたいだ」「こんなことなら、いっそ爆破したほうがましだ」。中国の短文投稿サイト「新浪微博(Sina Weibo)」には、こんな怒りの声が巻き起こっている。

 国民やメディアの批判を受け、文化財の管理を担当する中国国家文物局(State Administration of Cultural Heritage)は、「深刻な構造上の問題や洪水によって」城壁に「これ以上の損害や崩壊」が起きるのを防ぐため2012年に小河口の緊急保守工事を命じ、2014年に修復を終えたとの説明をウェブサイト上に掲載した。

「万里の長城」をめぐっては昨年夏、明代に建設された部分の約3割が風化や人為的な破壊により消失したと国営紙が報じている。
(http://www.afpbb.com/articles/-/3101903)
-----------------------------------------------------------------------

はぁ?…うせやろ?
センスも糞もねぇな…
普通歴史的建造物にこんなことする?

「世界遺産」なんだろう?
歴史的価値があって、建造の特徴とか、その周辺の景観とかで世界遺産に選ばれたんじゃないんか。
それにコンクリートで杜撰な工事するって頭おかしすぎるだろ。

まぁまとめのコメントで
「この壁の北側にいた野蛮な民族が南下してきたのが今の支那人だから」
ってのをみて納得したわ…
元々この壁の南に居た中国人は今の中国南部に追いやられた中国人だったり、台湾人だったりするんだよな…
結局今の中国の北側と南側って血統が違うから仲悪いわけだし。

そんな南側中国人が作った歴史的建造物なんかに北側中国人が大切にしようなんて思わんだろ。

大変なことをしちゃいました
まさに落城




実家の部屋の家具類は全て新しい部屋に持ち出して空っぽにするつもりです。
次にこの部屋に戻ってくるとすれば…会社をクビになったり、精神的に荒廃して自己退職してしまったり、津波で建物が流されたり、親が死んだ際に家を受け継ぐ時、ぐらいになるかと思います。

次の仕事…長く続けばいいな。
それよりもまず、早寝早起きの朝型人間にならなければ絶対耐えられない。

ほんとそれだけが心配。


したっけノシ

別窓 | 日常 | コメント:0 
<<イロイロ動画 | 赤兎馬に乗りて | イロイロ動画>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 赤兎馬に乗りて |