趣味が織りなす多ジャンル毎日複数更新のブログです!
http://kanu3state.blog44.fc2.com/
2016-09-25 Sun 19:00
おばんです、せいです。

先日睡眠改善薬と一緒に咳止めの薬を買ったのですが、
これが結構即効性があって効きます。

「龍角散ダイレクト」
っというものなんですけど。

咳が酷くて収まらないって時に顆粒が入ったスティック状の包装を口の奥まで突っ込んでサッー(迫真)と流し込むと喉に顆粒が付着し、すぐに溶けて清涼感と潤いを感じることができます。
その後は咳がでることが極度に減りました。
まぁ一日に一回は酷い咳が再発するのでまぁ本当に一時的に対処するに限るものであって完全に咳を治すようなものではないということでしょうけど。



--------------------------------------------------------------------------
2016年9月21日、韓国・YTNによると、韓国ソウルの住宅街で住宅1棟が突然崩壊する事故があった。韓国では12日に観測史上最大規模の地震が発生、以降も余震が続いており、市民の間では建物の耐震性への不安が高まっているが、現場は一連の地震の震源からは遠く離れており、地震の影響はないとみられている。

事故が起こったのは、ソウル市北東部、江北区樊洞(ポンドン)にある平屋建ての住宅。20日午後10時20分ごろ、高さ2メートル、幅10メートルほどの建物の壁がまるごと崩れ落ちた。幸い住民にけがはなかったが、リビングやトイレなど室内が外から丸見えの状態だ。この日、住民は家のあちこちに大きな亀裂を見つけ、壁などを調べていたところだったという。

崩壊した壁側の隣の敷地では数日前から建物の基礎工事が始まり、深い穴が掘られた状態だった。住民は家に影響が出かねないと工事業者に数回にわたって抗議したが、業者は無視して工事を強行したという。業者側は、無理に工事を行った事実はなく、住宅が築40年ほどと古かったために崩壊したにすぎないと主張している。

自治体は工事の過程に問題がなかったか、関係者に聞き取りを行っている。
(http://www.recordchina.co.jp/a150886.html)
---------------------------------------------------------------------------

やっぱり(震度0で)壊れてるじゃないか…(呆れ

建物の基礎がおかしくね?
壁もおかしくね?

まぁ床がただの地面の上っていう土人並の建築ですけど、
もしかすると、も し か す る と、
韓国特有の「オンドル」というものだからこの地面にそのままの建築方法なのかもしれませんけど!

また工事業者が手抜きして差額を自分のポケットに入れたんでしょ…
いつものことだよなぁ?

やはり期待を裏切りませんねw笑いのポイントをしっかり抑えてる+3点



以前のような喘息並みの咳の酷さではないですが、
やはり季節の変わり目となると咳が出始めてしまいますねぇ…
裸で寝てたのも原因かもしれませんけど…

咳するだけで腹筋鍛えられるからね。しょうがないね。
その代わり肺は疲れるし、体温も上がるし、夜も眠れないから…

これから体力仕事が待っているというのに…
こんな体で仕事ができるんだろうか…
さっさと事務仕事に移行しなきゃ(使命感)


別窓 | 日常 | コメント:0 
<<H対L第25回戦2016 | 赤兎馬に乗りて | イロイロ動画>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 赤兎馬に乗りて |