趣味が織りなす多ジャンル毎日複数更新のブログです!
http://kanu3state.blog44.fc2.com/
寝つき
2016-09-16 Fri 20:00
おばんです、せいです。

寝つきが悪いという話は先日の記事で書きました。
生活リズムがめちゃくちゃで2,3時に寝ても眠りにつけるのが5,6時というね…

目を瞑ってるのに目が乾燥して乾燥して寝るどころじゃないんだよなぁ…
目薬差してから寝ようかと思ったのですが差してすぐ寝ると目が腐る云々聞いたので…

夢も変な夢ばかり見ますしねぇ…
面接の不採用のメールが来た夢を連日見たり…、
ナイフで人の首を掻き切る夢を見たり…、
排泄する夢を見たり…(勿論現実ではしてないよ!)、

通常の夢だったら、
小中学校時代の友人と遊んでる夢とか、父親と喧嘩してる夢とか、
「城ヶ崎莉嘉」とミニ四駆してる夢とか←

どんだけ懐古したいんですかね…私。



----------------------------------------------------------------------------
 韓国・ソウルの日本大使館前の慰安婦像をめぐり、韓国の有力紙が「像を移転するべきだ」とする異例のコラムを掲載した。

 14日の韓国紙「東亜日報」は、「北朝鮮の核の危機と慰安婦像の移転」という論説主幹のコラムを掲載した。この中で「北朝鮮の核実験で、日本との安全保障での協力は切迫した課題になった」と指摘した上で、「日韓合意の精神に従って慰安婦像を移転し、日米韓の軍事協力を強化する必要がある」と訴えている。

 韓国メディアが慰安婦像の移転を主張するのは極めて異例で、背景には、北朝鮮への不安感と、北朝鮮に対する影響力を期待していた中国への不信感があるとみられる。

 ただ、慰安婦像を設置した市民団体は移転に応じない姿勢を崩していない。韓国外務省は「非常に敏感な問題であることを考慮して議論を進めている」としていて、まずは世論の理解を高めて市民団体を説得する環境を整えたい考え。
(http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20160915-00000087-nnn-int)
----------------------------------------------------------------------------

「移転」じゃなくて「取り壊し」だろ?
移転って像自体なくならないってことだからな。

日本は10億も払って撤去することで韓国政府と取り決めたんだからさっさと従えよ。
金だけ貰ってやっぱり撤去しませんが許されると思うなよ?

あと市民団体が撤去するな云々騒いでるみたいだけどお前らこれで慰安婦問題で金を日本からせしめる事ができなくなるからっていつまでも抵抗してんじゃねーよ。
映像みてるとほんとブサイクばっかりな国だなw

今まで日本に対してファイティングポーズとって敵対してきた韓国が、
いざ自分らの背中にしてきた北朝鮮が暴れ始めた途端にポーズをとる方向をくるっと変えやがって。
調子こくのもいい加減にせい!




色々寝る前に何を考えながら寝てるか、と振り返ってみると。

昔は、自分を主人公として脳内世界で活躍してる姿を考えてたり、
2次元の女の子とイチャイチャできたらなぁwなんて考えてたりしてたのが、

今は、あの時勉強をしっかりしていれば、もっと良い高校に入っていれば、裕福な家庭に生まれていれば、大学時代の時間をもっと有効的に使っていれば、もっと昔から絵の勉強をしていれば、あの会社に入っていなければ、あの会社をやめていなければ、母親が死んでなければ、自分を犠牲にしなければ、友達を大事にしていれば、人生に対してもっと努力していれば…
もう限りない程の過去への後悔と懺悔により床に就いてます…

寝つきが悪いのは以上のような原因もあるかもしれません。

男の癖に過去をいつまでも愚痴るなとはよく言われることですが、
いくら前向いて一歩踏み出したところで踏む所踏む所が失敗や選択ミスだと「何故失敗した?」「何故間違った?」と後ろを見るのは当たり前だと思うんだよなぁ。結局後ろばかりみて過去の全てを否定し始める。
もう悪循環だよね。

まともに寝られる日が来るのはいつになるんだろう…。
そしてこの考えも寝つきが悪い要因に変わる。

もはや生活環境を変えていくしかない。
再就職で成功して、1人暮らしをするといくらか楽になるかもしれない。
しかし時が経つにつれてそのことも否定してしまう時がくるのかもしれない。

こればっかりは流石にわかりません。


眠い…
したっけノシ

別窓 | 日常 | コメント:0 
<<イロイロ動画 | 赤兎馬に乗りて | ロッテが身売り!?>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 赤兎馬に乗りて |