趣味が織りなす多ジャンル毎日複数更新のブログです!
http://kanu3state.blog44.fc2.com/
H対Bs第17回戦2016
2016-08-10 Wed 21:37
大阪(1800)
先:H(攝津)
後:Bs(山田)

1回裏
先頭安達が死球で出塁すると2死2塁1塁からモレルが中堅前適時打を放ちオリックスが2点先制…
H0-2Bs

2回表
1死から長谷川が四球で出塁すると1死満塁から今宮が適時内野安打を放ちホークスが1点返上。
H1-2Bs

4回表
先頭内川が左翼前安打で出塁すると無死3塁1塁から犠飛を放ちホークスが同点に追いつきます!
H2-2Bs

7回裏
先頭西野が内野安打で出塁すると1死2塁から小島の打球がバリオスを強襲、弾かれた球は外野まで転がってその間に走者が生還してオリックスが勝ち越し…
H2-3Bs


試合終了
ホークス4連敗となりました。
今日のホークス先発は攝津、立ち上がりから死球を二者続けて与え自らピンチを招きます。
初回に2点を失うもその後は難なくオリックス打線を封じ込めていきます。

7回に攝津からバリオスに投手交代。
この時点で嫌な流れに。
オリックス西野の打球はホークス二塁手川島の深いところを狙いますがそこは川島がカバー、すぐに一塁の送球します。が、西野の渾身のヘッドスライディングで内野安打となり走者を一塁に置いた状態になります。
この後すぐに犠打で走者が2塁に送られると、1死2塁の場面から小島の打球がホークス投手バリオスの脚(ケツ)を強襲し球が弾かれて外野まで転がってしまいます。
その間に2塁走者が生還してしまい不運にもバリオスは一点失ってしまいます。逆にオリックスは運を味方につけての勝ち越し点を挙げることに成功…。

流れ的にバリオスの失点も仕方ないかなとは思うところではありますが、
まぁ均衡した状態で何がなんでも無失点で切り抜けなければならない場面であれば回避してケツに当てるよりフィールディングしてくれればまだピンチを防げたかもしれません。
何度も記事に書いてることですが、接戦状態で何故バリオスに投げさせるのか甚だ疑問です。

あとは打線がここぞという時に打てない。


勝:Bs(比嘉)
S:Bs(平野)
負:H(バリオス)

次回試合
8月11日(木)
H対Bs第18回戦
大阪(1300)



別窓 | 野球 | コメント:0 
<<イロイロ動画 | 赤兎馬に乗りて | 【艦隊これくしょん】 提督始めてました 其の二百十九>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 赤兎馬に乗りて |