趣味が織りなす多ジャンル毎日複数更新のブログです!
http://kanu3state.blog44.fc2.com/
始まり!開廷!
2016-06-29 Wed 23:32
おばんです、せいです。

今日は暑かったですねぇ…
明日も晴れてこんな調子らしいようなことは天気予報で言ってましたが。


-----------------------------------------------------------------------
 元航空自衛隊空将の織田(おりた)邦男氏(64)が28日、インターネットのニュースサイトに、東シナ海上空で中国軍の戦闘機が空自戦闘機に対し攻撃動作を仕掛け、空自機が自己防御装置を使用して離脱したとする記事を発表した。政府は公表していないが、政府関係者は記事のような事実があったことを認めている。

 毎日新聞の取材に織田氏は同様の内容を答えた上で「中国機の動きは少なくとも16日以降、続いているようだ」と話している。

 織田氏は記事で、中国軍艦が9日に沖縄県・尖閣諸島の接続水域に入ったり、15日に鹿児島県の口永良部島の領海に侵入したりしたことを記述しつつ「中国海軍艦艇の挑戦的な行動に呼応するかのように、これまでの(一定の距離を保つ)ラインをやすやすと越えて南下し、空自スクランブル(緊急発進)機に対し攻撃動作を仕掛けてきた」と書いた。

 さらに「空自機は、いったんは防御機動でこれを回避したが、このままではドッグファイト(格闘戦)に巻き込まれ、不測の状態が生起しかねないと判断し、自己防御装置を使用しながら中国軍機によるミサイル攻撃を回避しつつ戦域から離脱したという」とした。

 織田氏は毎日新聞に対し、攻撃動作とは中国機が、後ろから近づいた空自機に対して正面から相対するような動きを見せ、さらに追いかけるような姿勢を見せたことだとした。空自機の自己防御装置は、熱源を感知するミサイルから逃れる花火のようなものをまく「フレア」だったとして、かなり近距離だったのではと指摘した。

 織田氏は記事で「空自創設以来初めての、実戦によるドッグファイトであった」と書き「上空では毎日のように危険極まりない挑発的行動が続いているという」とした。
(http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160629-00000000-mai-int)
----------------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------------------
 萩生田光一官房副長官は29日午前の記者会見で、今月17日に東シナ海上空を南下した中国軍用機に対し、航空自衛隊機が緊急発進(スクランブル)した際、「上空で近距離でのやり取り」が発生していたことを明らかにした。

 萩生田氏は記者会見で、「上空で中国機との近距離でのやり取りは当然あったのだと思う」と述べる一方、「攻撃動作をかけられたとかミサイル攻撃を受けたという事実はない」と語った。

 空自機の緊急発進に関しては、航空自衛隊の元空将が28日、インターネットのニュースサイトで、東シナ海上空で中国軍戦闘機が空自機に対し「攻撃動作を仕掛けた」とする記事を公表した。

 防衛省は他国軍機が特異な行動を取った場合は原則公表している。萩生田氏は今回の事案については「特別な行動ではないと判断をしている」と述べた。
(http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160629-00050134-yom-pol)
---------------------------------------------------------------------

フレア使用とかもう一線越えてんだろ!応戦しろ!
十分「他国軍機が特異な行動を取った場合」に相当することなのに、
政府は「特別な行動ではない」「近距離でのやりとりがあった」だけに留めて隠すのかよ。

ここ最近の中国による侵海、侵空が顕著すぎるほど多いよな。
国民の知らないところで自衛隊やら海保やらが前線で監視と追い出しやってるんだろうけど。
昨年度だけでも対中軍機へのスクランブルが23%増やぞ。
数年前にも中国の軍艦からロックオンされたばかりだろう。

もう開戦だよ開戦!
いつまで平和風吹かせて呑気こいてんだ。
常にやられっぱなしとかドMにも程がある。
死人が出てからでは遅いんやで。




あ~明日も暑いのか…
久々の晴れ間だから暑いけど太陽を十分堪能しないとな。

したっけノシ


別窓 | 日常 | コメント:0 
<<イロイロ動画 | 赤兎馬に乗りて | H対M第13回戦2016>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 赤兎馬に乗りて |