趣味が織りなす多ジャンル毎日複数更新のブログです!
http://kanu3state.blog44.fc2.com/
H対Ys第2回戦 オープン戦2016
2016-03-13 Sun 17:45
福岡(1300)
先:Ys(デイビーズ)
後:H(武田)

1回裏
1死から本多が左翼前安打で出塁するとヤクルト先発デイビーズのボークにより進塁し2塁へ。
1死2塁から柳田が右中間適時打を放ちホークスが先制!
Ys0-1H

4回裏
先頭長谷川、松田、中村が三者連続四球により満塁に!
ここで今宮、高谷の内野ゴロの間に走者が生還し、ホークス加点!
Ys0-3H

7回裏
先頭吉村が左翼線2塁打で出塁すると1死3塁から高田が中堅前適時打を放ちホークスが4点目!
Ys0-4H

試合終了
本日もホークスが勝利です!
これでオープン戦成績:9戦6勝0敗3分
うまく相手のミスもものにしてますよねぇ。
1回裏はYs先発デイビーズがボークしなければ柳田を空振り三振にできたんですから。
空振り三振かなと思ったらボークで柳田が九死に一生を得たわけですのでね。
柳田に再チャンスを与えてしまったデイビーズとしては痛いはずです。

又、4回裏もデイビーズが三者連続四球で無視満塁のピンチを作って投手交代。
問題はここからで今宮の内野ゴロの際に併殺が取れたヤクルト守備陣でしたがショートがポロリしてしまった為に併殺にできず。
ここで併殺にしとめておけば次の高谷で内野ゴロで3死チェンジとなりこの回を最小1失点に抑えられるはずのヤクルトだったのです。
その後もヤクルトは1塁ベースカバーの際に落球とか色々あったんでね。

ホークスはこうした相手側のミスで確実に点を加え、それを継投によってしっかり堅持できたのは調子が良い証ですよこれは。
ホークス先発の武田も奪三振の嵐で相手打線を封じ込めてましたから。


勝:H(武田)
負:Ys(デイビーズ)

次回試合
3月15日(火)
H対M第1回戦 オープン戦
千葉(1300)

別窓 | 野球 | コメント:0 
<<イロイロ動画 | 赤兎馬に乗りて | H対Ys第1回戦 オープン戦2016>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 赤兎馬に乗りて |