趣味が織りなす多ジャンル毎日複数更新のブログです!
http://kanu3state.blog44.fc2.com/
食品処分
2015-12-10 Thu 18:39
おばんです、せいです。

先日の日常記事で大掃除について書きました。
とりあえず私の部屋とその導線は常に掃除してますので大掃除しなくても問題ありません。

さて、問題なのは居間、仏間、台所、風呂場、客間、便所、玄関。
もうどこから手をつけていいか分かりません…。

とりあえず冷蔵庫の中を見て食品のチェックを行う作業をしておりました。
私が昨年の春に一人暮らしから実家に戻ってきてかなりの量の賞味期限切れや消費期限切れ、カビの生えた食品、腐った食品、劣化、変色、埃まみれ、虫湧きなどの異変が起こった食品を全てゴミとして処分したはずなのですが…
まだまだありました…探せば探すほど色んなのが出てきますね…
四次元冷蔵庫かな?

今までに処分した賞味期限が1980年後半や1990年代前半のものは流石になかったものの…
2012年までのチーズや要冷凍と書かれた肉製品(2年放置)があったり、
3年前のめんつゆや焼肉のタレなど…

こうなる原因は父親の無計画な購入のせいです。
冷蔵庫の中身をよく見もせず、買い物に行ってからアレなかったよな、コレもなかったよなと次から次へと新しいものを買って古いものを使わない。どんどん冷蔵庫がゴミの山と化していくわけです。

父親は料理も「連日同じものは食べたくない」という人間なので、
残したものを次の日に回すということは一切しません。
冷蔵庫にラップもせずに突っ込んで乾燥したり変色させたり最終的には生ゴミになります。
まぁ生ゴミに突っ込むのはいつも私で、傷んだものをどんどん捨てないと私が食わされて腹を壊してしまうからです。

使用したものはまともに保管できず、古いものから使うこともせず。
そんな今後も使ったり食べたりすることもないようなものを全部ゴミ袋に入れて処分しました。
もう…ないはず!…そう信じたいですね…orz

食べ物をゴミ箱に投げているのは私です。
食べられるものは率先して私が消費してますが、バチが当たりそうですね。
しかし一番食べ物を粗末にしているのは一体誰なのでしょう。
全国の生産者の方々に顔向けできません。

母親が死んで居ない現在、家計が逼迫している中で節約もせずに食品をゴミに変えるとは何事か。
効率厨の私と無計画浪費癖のある父親とでは性格が全く合わない為、毎日ストレスが蓄積されてヤバイ。
正直実家に戻ってくるべきではなかったと思ってます。

私の部屋以外の掃除や整理となるとこのような光景を常に目の当たりにしなければならなくなり非常に不快でやめたくもなりますが、私が処分するものは処分して掃除や整理をしないと家がゴミとガラクタだらけになってしまうので…考えただけでも眩暈がしてきますね。
忠告や是正を図っても聞く耳持たず、学習もしないし。
私がこの家から出て行ったらどんな酷い状況になるのでしょう。

とりあえず…再び一人暮らしを検討しています。
食品衛生どころか精神衛生上もよくないですからね。

どこかに安い「一軒家」ないもんかねぇ。
友人が事故物件で安売りしてる一軒家(なかなかの豪邸)を見つけてくれましたがねw
こわいなーとづまりしないでいつでも家から飛び出せるようにしなきゃ…


したっけノシ


別窓 | 日常 | コメント:0 
<<【World of Warships】艦これ提督が自ら出陣しました。其の三十 | 赤兎馬に乗りて | イロイロ動画>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 赤兎馬に乗りて |