趣味が織りなす多ジャンル毎日複数更新のブログです!
http://kanu3state.blog44.fc2.com/
福岡ソフトバンクホークス 二年連続日本一!
2015-10-30 Fri 03:43
2015年
福岡ソフトバンクホークス 
日本一 おめでとう!!!



hawksNS2
hawksNS3
hawksNS10
hawksNS5
hawksNS1
hawksNS6
hawksNS7
hawksNS8
hawksNS9
hawksNS15
hawksNS14
hawksNS13
hawksNS12
hawksNS11
hawksNS16
hawksNS17


いやぁ終わってしまいましたね今シーズン…
今年はもうホークスの応援は出来ないんやなって…

日本シリーズは「ニコニコ動画」でも「パリーグTV」でも中継がなかったものですからシリーズの全試合をラジオで聞いてました…orz
テレビでやってたんでしょうけどウチは居間にしかアンテナが通ってない為、常に占領されていて見れないのです。自分の部屋のテレビは無線LANには繋がってますがテレビのアンテナは接続されてないですしねぇ…

ラジオだと色々と遅くてね…映像はないので感動の場面も見れませんて^^;
ネット>地上波>公式サイト一球速報>ラジオ の順の速さです。
ラジオは最新の情報より3~5分遅いです。
なのでツイッターで情報早い人のツイート見たらもうネタバレなんですよw

一番見届けなければならない日本一決定戦が見れないとか…


さて日本シリーズを振り返ってみますか。

第一戦。松田のソロHRから幕開けとなった日本シリーズ、
先発はホークスのエース武田。
チーム一の勝ち星を稼いだ男は安定した投球で最終回まで行きます。
首脳陣は最終回にサファテを投入する予定でしたが武田の要望により最終回も武田がいくことに。
しかしその武田がヤクルト畠山に2ランを浴びて完封を逃してしまいます。

第二戦。イデホの2ランで前日と同じような展開に持ち込むホークス。
先発のバンデンハークもシーズンと同じように安定した投球で三振、凡打の山を築いていきます。
バンデンハークも無失点のまま最終回に突入しようと工藤監督に要望を入れますがリリーフ陣にも投げさせてあげたいということでバンデンハークは最終回に交代させられてしまいます。
最後はしっかりサファテが締めてホークスが完封勝利!本拠地福岡で2連勝と波に乗って3戦目からの神宮球場へ駒を進めます。

第三戦。セリーグのトリプルスリー山田がなんと1試合に3発のHRを放つ一人花火大会。
ホークスがどんなに追いついて抜かしても山田一人の前に逆転をすぐに許してしまう展開に…
やはり神宮には何かいるのか、この第三戦はヤクルトが勝利し勢い一転攻勢…
ちなみにヤクルト山田の日本シリーズ1試合に3本のHRは史上初。
日本シリーズ3打席連続HRは長嶋と一緒らしいです。

第四戦。前日のヤクルトの流れを何としても止めて再び自分の流れにもっていきたいホークス。
先発は攝津。今季はエース時代の本調子は出ないものの捕手細川との相性はあります。
その細川が攝津を上手くリードし攝津の持ち味である緩急をつけたピッチングでヤクルト打線を翻弄します。
打撃ではイデホが4打点の活躍と下位上位打線の活躍もあり6-4でホークスの勝利!
内川を怪我で欠いてる中でイデホが4番の仕事をしっかりとこなしチームの勝利に貢献しました。
この勝利でホークスは日本シリーズに王手!

第五戦。今日もイデホが大活躍!2ランHRで試合が動きます!
先発スタンリッジも毎回のように走者を背負いピンチを招きますがヤクルト打線の不調にも助けられ何度もピンチを脱出します!
イデホの2ランHRもポール上を飛んでいった打球だったので一時はビデオ判定でHR判定がファールに覆されるのかと思いましたが何とかHR判定のままで通ってくれました^^;
これがもしHR判定じゃなかったらヤクルトと最後まで接戦が続いていたことでしょう…
4回にイデホのHR、5回にも2点を追加しこの時点でヤクルトの士気はかなり落ちていたと思います。
投手陣は上手くリレーでヤクルト打線を交わし切り、最後はサファテが締めて試合終了!
ホークスが昨年に引き続き2年連続日本一に輝きました!


ビールかけの時の工藤監督へのインタビューで「チームは100点満点」と言ってました。
本当に今年はやばいぐらい戦力揃ってましたね、ホークスはwww
秘密兵器がいくつあるのかってぐらい後ろに後ろに控えてるものですからw

今までのホークスは、
主力が怪我した!休ませなきゃ!→守備の代わりはいるけど打撃がなぁ…
ってのが多かった。
いや、殆どの球団がそうなるとは思うんですけど。

しかし今年のホークスってのは、
主力が怪我した!→守備も打撃も良好だし主力と能力互角!!
これが今年の強みでしたね。
深さ5mの穴が3m分しか埋まらないんじゃなくて5mの穴が5m分丸々埋まって平坦になるぐらい。

工藤監督の采配や選手の扱いも上手かったと思うねん。
捕手3人体制(3人とも同レベル)で代打起用も当たることが多かったし、
投手もバランスよくスタミナ管理されてたような気がします。
クリンナップも妥当な線だったし1,2,7,8,9番も選手の調子を見ながらとっかえひっかえ出番与えたのも当たってた。
中村、今宮、福田、上林、川島、本多、長谷川、明石、…(吉村はパワー)
これらはどこに座らせたっていいんですもん、どこでも通用する万能な選手達。
全盛期の柴原がたくさんいるみたいなもんですよww


来年にも期待ですね!
今より更にレギュラー争いは激化するでしょうし。
まずはキャンプ、そして来年のオープン戦でどのような成果が表れるか。
今から楽しみですね!
私も来年でホークスファン暦17年目を迎えます。

怪我なく来季に望んでください。
今季はお疲れ様でした。


ホークス、日本一おめでとう!
別窓 | 野球 | コメント:0 
<<イロイロ動画 | 赤兎馬に乗りて | イロイロ動画>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 赤兎馬に乗りて |