趣味が織りなす多ジャンル毎日複数更新のブログです!
http://kanu3state.blog44.fc2.com/
松坂大輔について
2015-05-27 Wed 19:35

やほおニュースに上がってた。
私自身も気にかけてたけど…

--------------------------------------------------------------
24日のウエスタン・リーグ広島戦(中津)での登板を緊急回避したソフトバンク・松坂大輔投手(34)=前メッツ=に、複数の球界関係者から「このままでは本人が理想とするフォームは取り戻せない」と悲観的な声が挙がっている。

 「本当に苦しんでいるね。あの投げ方はちょっときつい。若い時期は対応力でいくらでも修正できたが、30歳代半ばで修正できないのは欠点があるからだ」

 松坂の西武での全盛期を知る球団OBは、“怪物の現状”をそう嘆く。さらにフォームを修正できない「欠点」は「股関節の硬さにある」と指摘するのだ。

 股関節は、投手のフォームで最重要視される骨格の部位とされる。下半身の力を上半身に伝える際、股関節が柔軟でないと伝わらない。同部が硬いと下半身を使えず上半身が力み、上体だけで投げる形になる。まさに今のフォームだ。

 もともと松坂は、西武入団時から股関節の硬さを指摘されていた。そのため相撲風の四股踏みや内転筋を使うスケート式の滑走トレなどを勧められていたほどだ。だが、「30歳代半ばで股関節が硬いのは致命傷。柔らかさがなく、棒立ちのような今のフォームにつながっている」(同)。

 上下のバランスが悪い上に、硬い股関節が邪魔して腰が平行に回らない。従って体重移動もできず右の軸足に体重が残ったままになっている。

 当然、ソフトバンク首脳陣もこの事実を把握。「克服させる矯正を行っている」(田中トレーナー統括)。だが前出関係者は「股関節をトレーニングで矯正するのは難しい」と眉を潜める。

 この状態が続く限り、フォームに抱える多くの課題をクリアするのは、かなり厳しい。思い切って実戦を離れ、再びリハビリ組で出直しを図ることが、復活への最善策かもしれない。 
(http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150527-00000019-ykf-spo)
---------------------------------------------------------------

いやぁ…もうダメだと思うんだけど…
歳も歳でしょ…

昔は怪物だったけどな…
やっぱり年齢には勝てんよ。
そもそもメジャーに行ってもそんなに目立った活躍はしてなかったけどな。

メジャーに行って成功してる奴なんて殆どいないよな…
大抵体ぶっ壊して日本に舞い戻ってくる。
勿論、ぶっ壊れて帰ってこられても戦力にもならんし。
お荷物になって窓際ポイーで引退終了。

何をそんなにメジャーへ駆り立てるのかは知らないけど…
私としてはメジャーなんかに行かないで日本で全うして欲しい。

松坂は当時ほんと日本を代表する投手でそれを戦力にしてる西武がほんと強くてな…
松坂時代の西武の全盛期なんて打撃も守備も高くて点をとるのに苦労するんだよな。
特に西武は「ホークスキラー」だった為にホークスは毎年のように西武にはシーズンで負け越し食らってた。

打撃陣はカブレラ、マクレーン、中島、松井稼、和田(ハゲ)とかさ…
抑えには守護神豊田ですよ。
これらの打撃陣を抑えながら尚且つ西武にリードさせないようにする。これがほんと…
西武が少しでもリードしてると抑えが豊田ではい、試合終了
松坂とか打てる気しないから。

そんな松坂が西武を抜けてメジャーに行った時は流石にホークスとしてはラッキーでしたw
松井稼もメジャー、豊田も巨人に取られちゃって。
それからだよな、西武が弱体化してきたのって。
投手も後ろが軟弱になっちゃって。

それでも未だに西武、ロッテと聞くだけで昔の負け越してる時代を思い出して苦笑いですわ^^;
西武とロッテにはどうしても勝てないっていう変な印象が残ってるのですw(私が)

メジャーから帰国後の受け入れ先はホークス。
しかしほとんど実践してないんだよなぁ…
私としては松坂入団の話があった時からあまり期待はしてませんでしたけど^^;
ここから復活できるのかどうか…

確かに昨季は「打者ばっかりに金かけないで投手に金使えやハゲ(孫)!」ってずっと言ってきたけどww
ちょっと金の使いどころまた間違ってるんじゃないですかね…

この維持費が膨大にかかる旧式の「怪物」をどう使いこなすのか首脳陣の腕にかかってますねこれは…


別窓 | 野球 | コメント:0 
<<H対D第2回戦2015 | 赤兎馬に乗りて | イロイロ動画>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 赤兎馬に乗りて |