FC2ブログ
趣味が織りなす多ジャンル毎日複数更新のブログです!
http://kanu3state.blog44.fc2.com/
眠すぎ
2019-08-22 Thu 20:23
おばんです、せいです。

眠すぎる一日でした…
仕事でやることがなさすぎて…

午後は途中から甲子園の一球速報眺めてたからね…w
映像やテレビは見れないけど一球速報があれば、
脳内変換できるからおk



---------------------------------------------------
履正社、春夏通じて初の全国制覇 星稜との接戦を制し、令和初の王者に

◆第101回全国高校野球選手権大会第14日 ▽決勝 履正社5―3星稜(22日・甲子園)

 履正社(大阪)が大会NO1右腕、星稜(石川)・奥川恭伸投手(3年)を攻略し、春夏通じて初の日本一に輝いた。今春のセンバツ1回戦で0―3で敗れた星稜にリベンジ。昨夏の大阪桐蔭に続き、2年連続で大阪勢が頂点に立った。

 先手を取ったのは星稜だった。2回、4番・内山壮真遊撃手(2年)の左前安打と犠打の2死二塁から岡田大響右翼手(3年)の右中間への適時二塁打で先取点を奪った。

履正社、春夏通じて初の全国制覇 星稜との接戦を制し、令和初の王者に

 しかし、履正社がすぐに反撃する。3回2死から連続四球で一、二塁とし、4番・井上広大右翼手(3年)が初球のスライダーをバックスクリーン左へたたき込み、3―1と逆転した。星稜・奥川にとっては今大会初の自責点となった。

 粘る星稜は7回、四球と盗塁の1死二塁から山瀬慎之助捕手(3年)の左中間への適時二塁打で1点差。さらに2死一、二塁とし、知田爽汰三塁手(2年)の右前適時打で同点に追いついた。

 すると履正社もすぐに反撃する。8回、内倉一冴一塁手(3年)の右中間二塁打と犠打の1死三塁から野口海音捕手(3年)の中前適時打で勝ち越し。岩崎峻典投手(2年)の左前適時打で加点し、再び5―3の2点差とした。

 投げては7回途中からリリーフした右腕・岩崎が星稜打線の反撃を抑え、歓喜の瞬間を迎えた。
(https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190822-00010001-spht-spo)
-----------------------------------------------------

星稜が先制した後すぐに3ランで履正社が逆転。
その後終盤に星稜が同点においつくもこれまたすぐに履正社が突き放す。

星稜にしてみれば一番もったいなかったのは3ランHRの一発だよね
これがなければ総合的にも終盤に差し掛かるまでは奥川の内容はよかったし、
履正社清水よりも被安打も少なく安定していた。

星稜奥川は当初自責点0で優勝するのでは?!みたいに世間で騒がれていたけど、
甲子園決勝、相手もここまで勝ち上がってきた強豪だし、そんなうまいこと行くわけないわな

星稜は初戦北海道と当たったところだから気に掛けてはいたが、
球の質がいいからもしかしたらもしかするかもしれませんよ?と思っていましたが駄目でしたね

球速は序盤は150キロ台、中盤は140キロ前半まで落ちて、終盤に140キロ後半からたまに150キロ台を見せてましたが疲れもあったことでしょうね。

履正社清水が終盤で失点してからリリーフとした上がった岩崎がいい仕事してましたね。
自らのバットで勝ちに繋げていましたし。
やっぱり後ろにしっかり任せられると強いですわ。

いい決勝戦だったのではないでしょうか。
お疲れさまでした。

北海道もっと強くならねぇからな~




明日は半日は暇はなさそうですが…
どうにかならないものか…

9月中旬までどうすっかな~俺もなぁ~
何か自分の身になるような書籍がネットでバレずに見られれば…

明日の金曜もしっかり頑張りましょうー
さすれば休日。


したっけノシ

別窓 | 日常 | コメント:0 
<<イロイロ動画 | 赤兎馬に乗りて | イロイロ動画>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 赤兎馬に乗りて |