趣味が織りなす多ジャンル毎日複数更新のブログです!
http://kanu3state.blog44.fc2.com/
料理云々
2017-10-29 Sun 00:11
料理まとめ

豚汁
butajiru2
僕は豚汁(ぶたじる)派です(2回目)

ピーマン肉詰
pman1
pman2
と、ほうれん草の味噌汁

ナスとピーマンの味噌炒め
nasu1
nasu2
と、サツマイモの味噌汁

フキの煮物
huki-nimono

大根の煮物
daikon-nimono

旨いんだよぉ!!!(自画自賛)
飲食店開くかな~俺もな~
自分調理師免許取得してもいいっすかぁ?

来月11月から食事制限を再開します。
流石に夏から食べ過ぎてるような気がするので…
ちょっと体重増えました。

来月の目標。
①食費を10000円以下に抑える。
②肉類不可
③間食を控える
④禁酒

限られた食材の中で何でも作れるから大丈夫だって安心しろよ~
それに来月残業酷くなりそうだから、会社で弁当(無料)食って食費浮かそう
深夜まで働いてやるんだから飯ぐらい食わせろ


別窓 | 料理 | コメント:0 
角煮
2017-10-14 Sat 18:00
じっくり時間をかけて「角煮」

▼鶏の角煮
tori-kakuni1
tori-kakuni2
豚のブロックが売ってなかったので鶏を使用しました(半ギレ)

【調理器具】
鍋(or圧力鍋)

【材料(主要)】
骨付鶏もも肉:8本

【材料(調味料)】
水:150cc
めんつゆ:150cc
砂糖:小さじ6
酒:75cc
みりん:100cc
ごま油:少量
生姜チューブ:3cm程度
黒糖蜂蜜:10cm程度


▼豚の角煮
buta-kakuni
豚ブロックを置いてくれたので使用しました(歓喜)

【調理器具】
鍋(or圧力鍋)

【材料(主要)】
豚バラブロック(3x5cm):7切

【材料(調味料)】
水:100cc
めんつゆ:100cc
砂糖:小さじ8
酒:75cc
みりん:100cc
ごま油:少量
生姜チューブ:3cm程度
黒糖蜂蜜:10cm程度

以下手順。

【手順】
①鍋にごま油を少量敷き、肉を軽く炒める。
②水、めんつゆ(醤油可)、砂糖、酒、みりんを加えて煮る。(圧力鍋の場合高圧30分程度)
③更に生姜チューブと黒糖蜂蜜を加えて煮込む。(圧力鍋の場合高圧20分程度)
④味を調整
⑤皿に移してパセリや少量のからしや生姜を乗せて完成

※鶏も豚も調味料や手順は大した変更はありませんが、
鶏より豚の時が調味料の量を改良しております。


よく味が染みこんだふわとろジューシーな角煮ができました。
これはご飯が進みます!


別窓 | 料理 | コメント:0 
料理云々
2017-10-07 Sat 20:35
料理まとめ

いももち
imomochi
やはり旨い。
芋好きにはたまりませんわ。

豚汁
butajiru
私は「ぶたじる」派。
生まれてこのかた「とんじる」なんて言ったことがない。

コーンバター
cornb
頂いたトウキビを茹でてバターで炒めました。
大衆居酒屋でよく注文する肴の決定版

梅肉と胡瓜のサラダ
sarad
胡瓜の千切りを梅干しをすり潰した梅肉で食べます。
梅肉に少量の蜂蜜を掛けてます。

自家製イクラのどんぶり
ikura
釣ってきたばかりの鮭から醤油漬けにした。(親が)
鮭の季節のこの時期、イクラ高いんで毎年楽しみです。

天麩羅
tenpura
衣つけて油で揚げるだけの簡単料理。
簡単だけど鍋周辺が油まみれになるので後片付けが面倒くさすぎィ!
しかし熱々の天麩羅は旨いんだよなぁ



…居酒屋で出るようなメニューばかりですね…

別窓 | 料理 | コメント:2 
フレンチトースト
2017-06-26 Mon 19:00
誰でも簡単に作れるフレンチトースト、OCです。

French Toast1
French Toast2
French Toast3

分量なんか必要ねぇんだよ!
(枚数にもよる)

食パン

牛乳
砂糖
バター

これだけです。(大雑把)

卵、牛乳、砂糖を適量混ぜて味みて「あ、甘い卵焼き出来そう」レベルになったら、食パンを両側浸す。
フライパンにバターを敷いて、ちょっと煙出る程度になったら浸した食パンを投入して両面焦げ目が付くまで焼く。
最後はお好みで味付けしたりで完成。

短時間で出来るしおいしいですよね。
外側はサクサクで中はもちもち。

しかし何回も残った油使い回したりフライパンにこびり付いた焦げ取らずにそのまま次の食パン投入したりすると段々できばえが小汚くなっていくからね、しょうがないね。

別窓 | 料理 | コメント:0 
アスパラとベーコンのバター炒め
2017-04-19 Wed 19:00
ささっと簡単に。

「アスパラとベーコンのバター炒め」

asuparabe-kon

ちゃちゃっと。

ベーコン1cm程度の短冊切り
アスパラ3cmぐらい
バター2切れ
塩、胡椒
※画像の8倍分作ってます

バター敷いてアスパラとベーコン投入して最後に塩胡椒するだけ!
終わり、閉廷!!

書くまでもないんだよなぁ…

まろやかなアスパラが旨すぎる。
味付けも完璧


近所のスーパー、アスパラ売ってる時と売ってない時があるんだよなぁ…
酒のつまみにアスパラ食いてぇなぁ~俺もな~って時に限って売ってない。

今回は奇蹟的に売ってるのを発見したので買いました。
しかし別なところで(しかもホームセンター)で臨時で野菜売りにきてるところがあってそこに質が良くて大きめでしかもいつものスーパーより安い値段で売ってたのをみて落胆しました…
100円以上差がついてたら多少はね?

アスパラ安く売ってたら必ず買っとこ…

というよりベランダで栽培しようかな

別窓 | 料理 | コメント:0 
オニオンスープ
2017-04-04 Tue 19:00
玉葱をふんだんに使ったオニオンスープです。

【調理器具】
包丁&まな板
鍋&おたま
ピーラー


【材料(主要)】
たまねぎ:6個
にんじん:1本

【材料(調味料)】

バター:適量
コンソメ(固形):7~8個
コショウ:少々

【下ごしらえ】
玉葱4個を繊維に沿って薄くくし型切りにする
玉葱2個を微塵切りにする
にんじんを小さく賽の目切りにする

【手順】
①鍋にバターを敷き、たまねぎとにんじんを熱が通るまで炒める
②具材が浸るまで水を加えて煮る
③にんじんが潰せる程度になったらコンソメを加えて弱火でじっくり煮込む
④最後にコショウで味を調整して完成

onionsoup

ずっと煮込んでるとたまねぎが溶けてトロトロになるので美味しいです。

量的には1人で4日間もたせる程度。
例えば味噌汁のお椀で1日2杯ずつ×4日間って感じです。

たまねぎ大量に買っててカレーにでもしようかと思ったのですが、
たまねぎ処理するために毎週のようにカレー食べたら流石に飽きるんでw
一気にたまねぎを処理できるオニオンスープにしました。

血液サラサラ!!!

別窓 | 料理 | コメント:0 
コンソメスープ
2016-12-27 Tue 19:00
コンソメスープ!

たまには味噌汁以外の汁物を。


【調理器具】
包丁&まな板
ピーラー
鍋&おたま


【材料:主要】
キャベツ:1/2個
ニンジン:2本
ベーコン:10枚


【材料:調味料】
コンソメ(固形):7個程
オリーブオイル:適量
水:鍋で具材が完全に浸る程度


【下ごしらえ】
キャベツはざく切り
ニンジンは角切り
ベーコンも細かく

【手順】
①鍋に下ごしらえを済ませた具材を投入してオリーブオイルで少し火を通す。
②鍋に水を入れて具材を煮る。
③コンソメ(固形)を味を見ながら投入する。→完成

konsome
あぁ^~いいっすねぇ

私は三日分ぐらい作りました。
お椀にして6杯~7杯程度です。

なんかスープバーがあるお店に行きたくなりました。


別窓 | 料理 | コメント:0 
天ぷら
2016-12-26 Mon 19:00
引っ越してきてから初めての天ぷら。


手順なんて書くまでもないよね…

小麦粉に水を加えてちょっと粘り気があるくらいで具材に絡めて熱した油に投入すれば終わり!
油に入れた時のシュワシュワが時間経過で落ち着いてきたら油から上げていい。

今回はカボチャ、レンコン、さつまいもの3種類。
tenpura
やはりウマイ!

4~5日間分は作って残業が多くなってもすぐに帰宅して飯が食えるようにしておきました。
作りおきは大切、はっきりわかんだね。
案の定毎日夜中まで残業をすることになったのでね。

天ぷらは「塩」で食べても美味しい。
「抹茶塩」を買ってこようかと思ったのですがスーパーに売ってなかったんだよなぁ…

揚げ物 is GOD
手間が掛からない主婦の味方ですねぇ
それに野菜を摂取できるいい機会です。
どんどん野菜食べましょう。

次は何を天ぷらにしようかしら。


別窓 | 料理 | コメント:0 
いももち(チーズ入り)
2016-11-07 Mon 19:00
じゃがいも大好き人間はいつも冷蔵庫にじゃがいもが入ってます。

というわけで今回は「いももち」を作って見ました。
前回「カボチャ団子」を作りましたのでその要領と同じです。
簡単ですね!


【調理器具】
包丁&まな板
ピーラー
ボウル
耐熱皿(普通の皿でも大丈夫だろ(慢心))
木ベラ
フライパン


【材料:主要】
じゃがいも:4個
片栗粉:150g程度
チーズ:お好み

【材料:調味料】
オリーブオイル:適量
砂糖:大さじ3程度
バター:適量


【下ごしらえ】
じゃがいもを乱切りにして耐熱皿に乗せ、電子レンジで柔らかくなるまで加熱

【手順】
①加熱して柔らかくなったじゃがいもをボウルに移して木ベラやワッシャーで潰す。
②ある程度潰したら片栗粉を小分けに投入しながら再び潰す。
③オリーブオイルと砂糖を加え更に潰す。
※じゃがいもはカボチャ(一部を除く)と違いホクホクしており、片栗粉と混ぜるとボロボロとくっつかない為、適度にオリーブオイルで水分量を追加しながら弾力がでるまで繰り返す。
④火が通りやすい大きさで小分けにし、中にお好みでとろけるチーズを仕込む。
⑤フライパンにバターを敷き表面に焦げ目がつくまで焼いて完成

砂糖醤油で。
imomoti2
旨すぎィ!!
店で食う味ですねこれは…

imomoti1
残りは冷凍保存して食べたい時に解凍して切り分けて食べましょう。














別窓 | 料理 | コメント:0 
肉じゃが
2016-11-06 Sun 19:00
肉じゃが作りました。
以前(数年前)料理記事でも書いたことはありますけど。
多分その時よりは絶対に旨いと思いますw

前回は「牛肉バラ」を使ってましたが、
今回は「豚挽肉」ですからね。細々としています。

肉食ってるやんけ!と思うかもしれませんが、
挽肉なんて鼻くそみたいなもんですからね!
肉じゃがの肉なんておまけ程度で十分。


【調理器具】

包丁&まな板
おたま


【材料:主要】
じゃがいも:4個
ニンジン:1本
タマネギ:1個
豚挽き肉:200g

【材料:調味料】
ゴマ油:適量
水:少々
だしの素(ほんだし顆粒):少々
醤油:大さじ6~7
砂糖:大さじ6~8
みりん:大さじ2~4
酒:大さじ2~4


【下ごしらえ】
タマネギはくし型切り
じゃがいもとニンジンは乱切り

【手順】
①鍋に油を敷き、じゃがいも&ニンジン→タマネギ→肉を投入して炒める。
②少々の水&とほんだし、そして醤油・砂糖・みりん・酒を加えて煮る。
③味の微調整をしながら各野菜(特に火が通りにくい芋とニンジン)に火が通れば火を止めて少々時間を置き味を更に染み込ませて完成

nikujaga

作ってる途中でカレーに変えてもいいんじゃないかと思ったのですが、
まぁ肉が挽肉だし、多少はね?
豚汁とカレー(シチュー)と肉じゃがは手順がほとんど似通っててアレンジ利くってそれ一。

あとは調味料の醤油、みりん、砂糖、酒が万能すぎるんだよなぁ…その次に塩、胡椒。
これさえあれば料理(和)なんて何でもできる、はっきりわかんだね。

今回も非常においしゅうございました。

別窓 | 料理 | コメント:0 
| 赤兎馬に乗りて | NEXT