fc2ブログ





趣味が織りなす多ジャンル毎日複数更新のブログです!
http://kanu3state.blog44.fc2.com/
スノボー2024 夕張
2024-01-21 Sun 01:32
今年も夕張マウントレースイに行ってきました。

今回は板を新調したということもあってどんなものか試したかったですからね。
滑り慣れたスキー場で試してみるのが一番。
もはやホームスキー場ですから。

板の調子ですが、さすが新しいだけあってエッジの利きがいいですね。
横滑りせずガリガリやってくれます。

ybrski6
ybrski1
ybrski2
到着した時は吹雪になってました。
まぁ吹雪いてる方が楽しいので万々歳なですけどね。

メリット
・斜面がふかふかで気持ちいい
・転んでも痛くない
・先が見えないスリリング

デメリット
・顔に雪がバチバチ当たって痛い
・斜面状況が把握できない
・先が見えなくてコースから外れたり障害物に当たって死ぬ可能性がある

チキン南蛮丼
ybrski3
運動してるんだし、ここは脂質を気にせず好きな物を!
昨年はラム肉のなんちゃらを食べた気がしますが今年はなかったなぁ

ybrski4
ybrski5
午後から晴れた。

人が居ないように見えるじゃん?
結構混んでたからね。
土曜日だからね。仕方ないね。

いつもは有給とって平日の空いてる時を狙って行ってましたが、
職場に連続して有給とるのもしのびないんで今回は平日狙いではなく、普通に土曜日に行きました。

客層の大半は10代、20代のガキンチョが占めてたかなと。
あとは家族連れかな。

くりやま温泉
krym1
krym2
スキーの帰りに温泉。
マウントレースイには隣接した温浴施設があるんですけどね…
昨年もそうでしたが、今年もやってませんでした…
なんかどこかの記事で設備が壊れてて休業してるって話。
てっきり採算取れないからやらなくなったんだとばかり思ってたわ。

おみやげ
krymmyg
日本酒ときびだんぼ買ってきました。
親戚には栗まんじゅうを。

日本酒はフルーティな甘い口当たりなものを選んで来ましたからね。
飲みやすくてガバガバ行ったらすぐ酔ってしまいそうですわ


さて次回はどこのスキー場にしようかな。
札幌周辺になると外国人が多かったり混雑してたり、
そもそも自宅からだとちょっと遠くて時間かかるし、
事故の可能性も考えると西側には出向きにくいんだよなぁ…

西側は札幌国際しか行ったことないやね。


ブログランキング・にほんブログ村へ

別窓 | 写真 | コメント:0 
晩酌とかお菓子とか⑩
2024-01-06 Sat 19:24
頂き物
cake23-1
ケーキなんて滅多に食えるもんじゃないからな。

忘年会
bonen7
bonen8
bonen1
bonen2
bonen3
bonen4
bonen5
bonen6
前年は人数が集まらなかったんで宅飲みになりましたけど、
今回も参加人数が渋いながらも外食できました。

この次の日体重を計ったら2kg増になりましたが…
まぁどうしても体重が増えない状態だったのでたまにはいいのかなと。

豚まん
butaman1
初詣の帰りに買って食べました。
毎年の恒例行事になりつつありますな。


ブログランキング・にほんブログ村へ

別窓 | 写真 | コメント:0 
晩酌とかお菓子とか⑨
2023-11-15 Wed 02:15
頂き物
oks116
oks117
減量期間中だったので1日1枚を基本にちょっとずつ食べてました

ラーメン、つけ麺、僕い
rmn2
rmn1
友人と行ったラーメン屋さん
今現在は減量中ではないので今度行く時は大盛りにしたいところ…

横浜銘菓とポケモンのコラボ
oks111
御三家に並んでピカチュウの取って付けたかのような疎外感…

カステラ
oks112
oks113
友人からの内地のお土産「福砂屋」のカステラです。
非常においしかった。

実は幼少期に保育園のお昼で出されたカステラがパッサパサだったので、
そのイメージのまま大したカステラを食すこともなく大人になったのですが、
このカステラはしっとりしていて食べやすかったなと。

月島あんぱんとゴールデンカムイのコラボ
oks114
漫画の作中に出てくるだけの商品かと思ったら実際にあったんやなってw
一人喰われていたので写真に全員納めることができませんでした…(涙)

ミルフィーユとチューハイ
oks115
減量を終えて健康診断に望んでその日の夜に久々にケーキと酒を…
食事を制限しまくって食べたくても堪えてきたのでね…
そこら辺に売ってる安もんでも涙が出るほど旨ぇ…

友人からの頂き物
nk1
実はまだ食べてません…
減量期間は過ぎたのでどこかのタイミングで食べようと思っています。

そのタイミングを作り出すのが至難でしてね…
減量が終わったとて体重の維持と筋力増強のためにカロリーやPFCバランスを考えると、
どこでこの秘密兵器を投入するか…そこが悩ましい。
楽しみにしてます。


ブログランキング・にほんブログ村へ

別窓 | 写真 | コメント:0 
葬儀まで
2023-09-04 Mon 20:54
親戚の葬儀で苫前、羽幌まで行ってきました。
観光ではないのでテキトーな写真だけ…

秩父別→留萌
dh7
dh8
北海道って感じの広大な農地っすね

ちなみに私は運転していません。
当初私も車を出す予定をしていたのですが…

留萌→小平
dh1
dh2
dh3
波荒れすぎ!

それもそのはず、この日は北海道の西、日本海上に台風が来ていましたからね。
直撃すらしませんでしたが、風も強く、波も高い。

写真はすぐそこまで波が来てますけどここ本当は砂浜なんですよ…
岸壁に打ち付けられて波が車道にまで掛かってきてました。

車を出してる叔父は潮風や塩水で車が錆び付くことを恐れてましたがね。
車のボディが塩分でベッタベタでした。

小平町道の駅
dh4
dh5
ほとんど車はいませんでしたね。
まぁ平日に葬儀に向かっていたのでそれもあったのかもしれませんが。

中はとても綺麗です。
便所も本来綺麗なのでしょうけど、
とんでもない数のハエが居て小便どころではなかった…
よく動物が出てくる番組とかで牛やライオンの顔に寄って集ってくるようなハエの数としつこさ…

発狂したかったけど、他の客も小便してたので…
虫嫌いとしては泣きそうになった。

13時頃に出発して17時半頃に会場の羽幌に到着。

葬式の宴会
dh6
寝ずの番ってやつですね。
それは親しい親族らがやることなので私には関係ないですが、
とりあえず接待ということで久々に酒を飲みました。

葬儀も無事に終わり、帰宅すると運転もしてないのにくたくたでしたね…
これが運転することになっていたら居眠り運転していたかもしれません。

苫前に行く機会もこれでなくなってしまうのかぁ…
子供の頃にお世話になっていた方々が次々と居なくなってしまうねぇ…
娘さんが漁師を引き継いでやってるみたいです。
女性なのにムキムキですから。

帰宅後体重を計ったところ案の定増量してました…
やはり酒は入れるべきではなかったな…
週平均で1kg増だったのですが、この1kgを落とすのにまた時間がかかるんだこれが…


ブログランキング・にほんブログ村へ

別窓 | 写真 | コメント:0 
釧路旅行2023⑩
2023-08-09 Wed 21:46
7月14~17日にかけて釧路へ旅行に行ってきました。

4日目

帯広ばんえい競馬
obhr23-10
obhr23-1
obhr23-2
obhr23-3
obhr23-4
帰り道だったので来てしまった…
しかもちょうど第1レースが始まるところだった。

観客居ないように見えるやん?
屋内の馬券発券機の周辺で予想してる奴らがなまら居るからw
外に出てこいよw

obhr23-5
obhr23-6
obhr23-7
obhr23-8
obhr23-9
さすが迫力あるねぇ~
競走馬のスラリとした馬体とは違って筋肉モリモリの筋肉ダルマ!

重たいソリ引っ張って斜面を駆け上る様はこちらも力が入りますね。
途中で歩みを止めて休んだりするのですが、ムチがバチバチ飛んで気合いを入れ直します。
まぁ「もう無理~」って立ち止まって動かない馬も中には居たり、まだ新米で経験が浅い小柄な馬などにムチが入っていると痛そう、辛そうっていう感情が先行してきますが…^^;

動かなくなってダントツ大差の最下位の馬がゴールした時には観客から拍手が起こります。
なんか小学生の運動会の親の立場に似てるような…

obhr23-20
obhr23-19
これは的中しました。
儲けは20円でしたwwww

obhr23-11
obhr23-12
obhr23-13
obhr23-14
obhr23-15
上の観客席から見た様子です。

レースは間近で見る事もできますが、上からも眺めがいいですね。
間近で見ている人らは馬の進行に合わせて一緒に移動していきます。

「ほれ行けー!」「頑張れ!」「動き重いぞ!腹一杯喰ったか!?」
などなど各々が声援や野次と飛ばしますw

obhr23-16
阿部さんという騎手の方の2000勝記念式典が行われていました。

obhr23-17
この坂から顔を出す瞬間いいよね。
どの馬が先に駆け上がってくるんだ!?という緊張感があります。

大抵坂が早い馬がそのまま1着になったりするんですけど、
たまに最後の直線でパワフルな末脚飛ばしてくる馬もいるんだよ…

村上さんありがとう杯
obhr23-18
誰?って感じでしょうけど、
私が現在やっているSNS「Misskey.io」の管理者である「村上さん」への感謝を記念したレースです。
有志の方がレース名を申請してそれが叶ったと。

レース名は申請すれば指定することができます。
地方競馬でもレース名を指定できますよね。

で、ちょうどそのレースと私が釧路から帰る旅路が重なったので、ここばんえい競馬場に来てみたというわけです。
このレースのために寄り道しましたからね。

obhr23-28
こちらが圧倒的1番人気の馬です。

過去の出走表をみると8番は確かにいい成績が並んでいたのですが、ゴリッゴリに勝ってきたというわけではなく、1番人気ではなく2、3番人気ぐらいが妥当だと思っていました。

obhr23-21
obhr23-22
obhr23-23
obhr23-25
obhr23-24
やっぱ8番強かった…

2着の10番もスタート位置に向かう時にスキップしながらウッキウキだったんです。
テイオーステップしてるやん!こいつは来るかもしれねぇ…と思ったら2着でしたね。
ちなみに2番人気でした。

3着目が…
5頭を3連複ボックスで買って、5頭中4頭は5着以内に入っているのです。
肝心の3着がね…ここが入っていれば普通に勝ってたんですよ…

8-10-5-1-4
野獣来いよ!
臭そうな数字列になったなぁ…w


ばんえい競馬は夜間のライトアップされたレースも見ものなのですが、
さすがに遅くならないうちに日勝峠を越えたかったのでこのレースを最後に競馬場を後にしました。
充実してたのでばんえい競馬場でおみやげ買うの忘れました…(涙)

高速道路に乗り、ぶち抜かれた日勝峠に差し掛かっていると…
濃霧!暴風雨!

マジで前が何も見えない。視界10mもない…
前の車のテールランプの灯りだけが頼みの綱…
さすがの魔の日勝…完全にドライバーを殺しに来ている…

速度は70㎞/hぐらいの低速だったのですが追越車線で誰も抜かさない。
視界が悪すぎて抜かした瞬間死ぬかもしれませんからね。
どこからカーブなのかもわかりませんし、
すぐ目の前で事故が発生して道を塞いでるかもしれませんから…w
誰しもがテールランプを追うことに専念してましたw

いやぁマジで雨酷かったな…

サブスマホで道中の車での移動では動画を撮影していたのですが、
パソコンに落とす際にデータがおかしくなってたので…


お土産
obhr23-26
obhr23-27
丹頂鶴の卵はまだ存在してたんすね~
他釧路っぽいお土産です。


これで三泊四日の釧路旅行は終わりです。
無事故無違反で何事も問題もなく無事に帰宅することができました。

終活の最後の目標も終わり!
もうこの世にやり残したことはありません。
いい冥土の土産になるでしょう。

当時釧路で世話になった飲食店全部回りたかったのですが日数が足りない!胃袋の容量も足りない!
釧路のグルメはもうちょっと堪能したかった感はあるけど、
観光に関しては十分すぎるほど満喫しましたわ。遊び尽くした感がある。

雨の日もあったけどそれを合わせてもいい思い出になったなと。
すべての出来事と出会った人々に感謝。


釧路旅行記事は最終回となります。
ここまで見てくださった方、ありがとうございました~


ブログランキング・にほんブログ村へ

別窓 | 写真 | コメント:0 
釧路旅行2023⑨
2023-08-08 Tue 22:13
7月14~17日にかけて釧路へ旅行に行ってきました。

3日目

味や
ksr23-252
パイコウ飯!
あんかけが掛かっていますが、あんかけチャーハンとも言えない不思議なクセになる味がします。
これのラーメンバージョンもあります。

ここの店も量が多いのよねw
釧路の飲食店はガッツリ喰う奴のために存在する説

ここの他に中華で狙いたかったところは「龍花飯店」なのですが、
限りある日程と食事回数の中で選ばれたのは味やでした。
「パイコウ飯喰いてぇなぁ~」と思ってw


昼食後に私が当時住んでいた下宿先に立ち寄り差し入れを持っていきました。
私が卒業してから14年…まだ下宿をやっていてくれましたよ。
おばさんも普通に私のことを覚えていてくれました。

10年以上も経てばそりゃ歳もとりますわね。
もうそろそろ下宿を閉めようかと思ってたらしいのですが、
息子さんが手伝ってくれるということで下宿が続いているようです。

私の話はちょくちょく耳に入っていたようで…
それは何故かというと、私が卒業してから毎年ウチの父親が大家さんと年賀状のやり取りをしていたからだとか…

そんな話私は初めて聞きましたからね…
なので私の情報がベラベラとウチの父親によって公開されていたようです…

そんなこんなで過去の思い出をお互いに思い出しながら大家さんのおばさんと1時間半ぐらい喋ってきました。
私が卒業してから100人以上の学生を面倒見てきたわけですが、案外当時の思い出を覚えていてくれるものですね。

大学が走って1分ぐらいの激近物件の下宿ですから。
下宿ビジネスをやるにはもってこいの立地。
これからも末永く下宿を続けていってほしいですね。

下宿の写真をおばさんと一緒に撮りましたが、アップすることはしません…w


フィッシャーマンズワーフMOO
ksr23-253
お土産を買いに来ました。

私のお目当てだったお土産がここに売っているとネットで調べたので…
しかし…どこにもなかった…

「ねこのたまご」っていう雪見だいふくに似たモチモチでふわふわなお菓子なんですが…

インフォメーションがあったので案内のお姉さんに聞いてみました…
私「ねこのたまごってどこで取り扱っていますか?」
案「ん?……あー昔ありましたね。ねこのたまごを生産している業者さん今生産してないんですよ。もうここ3年ぐらいは連絡がつかないんです…」

確かにネット上では「臨時休業」と書かれていました。
去年春頃のネットでの記事でMOOで取り扱われていると書かれていたので、
臨時休業でもMOOには卸していたのかなと考えてMOOにやってきたんですけどね…
やはりダメでしたか…
連絡がつかないってことは臨時休業どころか破綻でもしたかな…?

千歳空港でも取り扱っていたようです。
しかし親戚の話曰く、釧路だけで取り扱っていた時代はすごくおいしかったのに、千歳でも取り扱うようになった時辺りから味がガックリ落ちたのだとか…
モチモチ感がなくなって硬い部分があったりパサパサしたり…
何か破綻する原因がその頃から商品に表われていたのかもしれませんね…

ねこのたまごが買えないとわかったので他の釧路らしいお土産をモリモリ買いました。


この後、MOOから歩いてすぐそこの「ホテルパコ」の中にある「パコの湯」で日帰り温泉に入りました。
私が泊まっているホテルには大浴場がついていないのでね。
他のホテルに温泉だけ入りに来た感じになります…w

ホテルの中なのに今まで入ってきた温泉よりも広くて種類もある…w
露天風呂でちびまる子ちゃん見て帰ってきましたからねw

ホテル前で写真を撮ればよかったのですが、完全に忘れてしまっていました…^^;

泉屋本店
ksr23-246
ksr23-254
スパカツ
釧路と言えばこれ!有名どころさんですよね。
アツアツの鉄板の上に乗ってきます。

まぁでも私は当時泉屋でよく注文していたのはスパカツより「ミラノ風」なんですけどねw
あと「ボンゴレ」もおいしかったなぁ…

今回はまぁ写真映えも考えてw
泉屋と言えば「スパカツ」ですから。

ちなみに釧路人は「スパカツ食べるなら支店より本店で喰え」っていうしきたりというか通の言葉がありますが、
支店でも普通に旨いですから、安心して支店で喰ってくださいw
本店混んでるんだよw
私は30分ぐらい待たされた。

写真の泉屋の入口は食べた後に撮ったものですが、
あれショーケース見てるの客ですからね。
この後どこかの会社の団体が十数人入っていきました…

食べた後ホテルに戻り、筋トレしてシャワーして寝ましたとさ。


4日目

朝食
ksr23-247
ホテルの朝食です。
本当は朝食抜きでの宿泊だったのですが、前日の朝に2泊した翌朝の朝食をお願いしていました。

和食と洋食を選べましたが和食にしました。
釧路入りしてから洋食というか揚げ物系や脂物系が多かったのでね…

なんだか懐かしい味がしました。

ホテルの部屋の窓
ksr23-248
この眺めも見納めですね…
次回はいつ来られるかわかりませんし。
もう来られないかもしれません。

終活の目標が達成されましたから、窓の外の景色は脳裏に焼き付けておきましょう

大学
ksr23-249
どこの大学とは言いませんよ。
内部の写真も沢山とりましたが、ここだけは何も語らずにおきましょう。

大学の当時のゼミの先生に会いに来ましたが、
ちょうど今日は祝日の月曜日…いるはずがありませんね…^^;

とは言え、学生課は開いてたんです。
補習授業なのか、一部の学生は講義を受けていました。
とりあえず学生課に先生宛の差し入れを預けました。

守衛さんからも大学内の撮影を許可してもらったので写真を撮りまくりましたからね。
講義室の写真を撮りたかったのですが講義で使われていたのなら仕方ないね♂(レ)

教授からは後日メールでお礼の連絡が来ました。
私のメールアドレスをどこで入手したんだ…(高校時代から変わってない)
置き手紙には自分の名前しか書いてなかったのに…
怖いなーとづまりすとこ…


母校をぐるりと撮影して回ったので、いよいよ帰路につきます。
直行で帰る前にちょっと寄り道をば。

阿寒と帯広に寄っていきます。
行きのルートとは別のルートで帰りますね。

レストラン鶴 
ksr23-250
ksr23-251
阿寒もみじ焼肉丼
阿寒の道の駅にあるレストランで食べる事ができます。
値段は普通に高いです。

もみじ肉=鹿肉

ひと噛み目が他の肉とはまた違った食感があります。
ふた噛み目から普通の肉と変わりません。
普通においしいです。

鹿肉バーガーを食べに来たのですが、なかったな…
阿寒の道の駅で食べれるはずだったんだけど…

昼食を食べた後、施設内にある温泉でひとっ風呂浴びました。
お湯がなまら熱い!
ずっと入ってたら火傷しそうなほどとんでもなく熱い!
水シャワー浴びながら体温調節してました…^^;


次回最終回、馬、そして終点。
お楽しみに


ブログランキング・にほんブログ村へ

別窓 | 写真 | コメント:0 
釧路旅行2023⑧
2023-08-06 Sun 00:17
7月14~17日にかけて釧路へ旅行に行ってきました。

3日目

釧路湿原
ksr23-218
ksr23-219
ksr23-220
ksr23-221
ksr23-212
ksr23-213
ksr23-214
ksr23-215
ksr23-217
ksr23-216
ksr23-229
ksr23-230
ksr23-231
ksr23-232
ksr23-233
ksr23-234
ksr23-235
ksr23-236
前日が雨で増水してる!?
と思いきや、これが釧路湿原を流れる川の「通常」だそうです。

水量、濁りは共に正常。

水門は建築したものの今の今まで使われたことはないようです。
大雨が降っても雪融けで増水しても氾濫しないように水源が水量を調節するためだそうです。

景色の至る所に池や沼が存在し、
そこに野生動物が水浴びや水を飲みに訪れます。

行きでは動物は見る事ができませんでしたが、
帰りでエゾシカやタンチョウが水を飲みに来ている姿が確認されました。
最初はどこにいるのかわかりませんでしたが、車内ガイドさんがマイクで教えてくれたので!

タンチョウは本来渡り鳥ですが、近年の傾向として他の地域や国に渡らない鳥が増えてきているようです。
釧路湿原が天然記念物、鳥獣保護区、国立公園特別保護区となっているため、外敵がほぼ居ないこともあって子育てがしやすい環境が整っているからだそうです。

帰りの道中、ガイドさんからではなく運転手さん直々に「ホームにキツネの赤ちゃんがいます」というアナウンスがあり、皆窓の外に釘付けになりました。
1匹だけキツネの赤ちゃんがヨタヨタと歩いており、車内からは「かわいいねぇ^~」の声が湧き上がります。

又、住宅街に入ると、会社の敷地内にエゾシカが10頭ぐらい侵入してたむろしている場面にも遭遇。
本当に自然環境が豊かなこともあって人間の居住区にも動物だらけですね。


塘路駅
ksr23-237
ksr23-238
ksr23-241
ksr23-242
ノロッコ号の終点です。
まぁ時間帯が違う別の便で「川湯温泉」まで行ける便がありますけど。

帰りの便まで少し時間があったので駅近くのお店でソフトクリームを食べました。
やっぱ旅行と言ったらこれだよな


釧路駅
ksr23-243
ksr23-244
ksr23-245
ksr23-239
ksr23-240
釧路駅に戻ってきたらちょうど向かいのホームに「ルパン三世」がラッピングされた汽車が!
お客さんも一斉に写真撮ってましたねw


片道50分程度の汽車の旅でしたが、長く感じることもなく、むしろ短いと思ったほど。

空模様は曇りでしたが、雨が降っていないだけマシですね。
窓は全開なので雨降ったら最悪でしょうからw
その代わり、虫がとんでもなく中に入ってきますのでそこだけ注意w
窓側の席の予約が取れませんでしたが、むしろ虫嫌いな私にとっては通路側でよかったなと思いますw

いい経験になりました。


次回、飯!
お楽しみに。


ブログランキング・にほんブログ村へ

別窓 | 写真 | コメント:0 
釧路旅行2023⑦
2023-08-02 Wed 22:41
7月14~17日にかけて釧路へ旅行に行ってきました。

2日目

ホテル
ksr23-201
ksr23-202
※ホテルの外観の写真は2日目が大雨だったので3日目に撮りました。

今回の記事は写真は少ないですが、ちょっと文章が長くなるので。

この釧路の旅行は過去にも言ってますとおり「終活」の最終項目です。

釧路旅行且つ「特定のホテルに泊まること」が大目標でしたから。
その特定のホテルというのがこちら「パルーデ釧路」さんですね。
私が当時居た頃は「ホテルアダチ」という名前でした。

なんでこのホテルかというと、
私が釧路の大学の推薦入試を受ける際に宿泊したホテルなのです。

試験前日当時今は亡き母親もついてきたわけですが、緊張で気が気ではなかった私を見てかホテルスタッフの方が「今日は推薦入試を控えて友達同士で宿泊する方々が多いんです。なので同じフロアだと騒がしくなると思いますのでお客様のお部屋を他の受験者のお部屋から離れたお部屋にしますね」と配慮してくれたのです。

推薦試験の内容は「小論文」と「面接」
小論文は起承転結や時事ネタからの文章の展開はかなり訓練したのでいいのですが、
面接が本当に自信がなくて、ホテルの部屋で母親を面接官に見立てて何度も受け答えの練習をしてました…
結局当日まで不安が取り除けずそのまま試験会場の大学へ…

試験を終えてもやはり面接突破できたか不安だったのでしょぼくれながら試験が終わって駅前のバスターミナルに到着したことを母親に携帯で連絡。
すでにチェックアウトの時間を過ぎていたので母親はホテルから出てどこかで買い物でもしてるんだろうと思っていましたが、ホテルスタッフから「息子さんが試験から帰ってくるまでお部屋をご利用してもいいですよ」ということでホテルにまだいたのです。

携帯で「面接ダメだったかもしんねぇ…」と話しながらホテルに向かっていると「顔上げてみ」と母親が言うので見上げるとちょうど上記の写真の右側の部分の窓から手を振って見下ろしてきてたわけです。

中学時代に塾に通わせてもらっておきながら高校受験に失敗して塾代300万を溶かし、私立高校に入って更に学費で家計を圧迫していたこともあって、親にはずっと迷惑を掛けっぱなしでした。
高校でも学年で10本指前後の位置で成績をキープして推薦を受けられる内申点は確保していたので、道内で学費の安いところを受験しました。
付属高校だったので東京の私立大学にストレートで入れてやると先生に言われましたが、私立大学に入ってまた家計の負担になりたくないと思ったので、私立大学の半分の学費で入れるところを選びました。

また、私のブログを隅々まで読んでいる方にはわかるとおり、暑いのが苦手で、湿気もダメ、虫も嫌いということもあって内地には行きたくなかったんです。
あと私が大学に通っている間に何か不幸があった場合すぐに駆けつけられないということもあって内地は避けようと思っていました。

まぁそんな今まで親に負担を掛けておきながらまた大学も落ちるんじゃないかと思ったら、試験も終わって肩の荷が下りたことと同時に涙も出てきた。

合格したんですけどねw

合格後も下宿先やアパート探しの下見とか、入学式、ただの観光、卒業式など色々な場面でこのホテルを利用してきました。
その中でも思い入れのある号室に泊まりたい。

今回このホテルをネットで予約し、お問い合わせ欄に思いの丈をぶつけてみたんです。
そうするとホテルの名前自体が変わってしまっているのにも関わらず、希望の号室を用意してくれたんです。

当時のデータまで引き継いでいたり所持していることはないと思いますけど、
やはりこういう気の利いたところは当時から変わっていませんし、
事あるごとに釧路に来た際はこのホテルを利用してきた理由はこういうところからなんですよね。

さすがに部屋はガタが来てボロボロでしたけど…
トイレとか風呂とかベッドとか窓の景色とか当時のままで思い出が蘇ります。

ここに宿泊できたことによって私の終活が完遂れました。
あとは無事に帰宅するだけを考えましょう。

ホテルで少し休憩した後、徒歩で駅のみどりの窓口で翌日のノロッコ号の切符を手配しにいきました。
駅前にあるホテルなので本当に利便性が高いです。


寿庵 納豆そば
ksr23-193
駅に比較的近いところにあります。
駅で切符を購入後、大雨の中徒歩で寿庵に向かいました。
少し迷いましたがあらかた場所は覚えていたので。

昔よく先輩方にここのそば屋で奢ってもらったなと。
こういう時に高いやつを頼みがちですけどねw

当時よく食べてたのが天丼とそばのセットになっているものでした。
それも結構な量があるんですよ。

しかし今回は私の腹の容量が小さくなっていることもあり、歳でもあるのでそんなに食べられない。
それならタンパク質を考慮して納豆そばを注文したわけです。

GWの時に上富良野で食べたそば屋での納豆そばがおいしかったので、
また食べたくなったんですよねぇ…w

プロテイン
ksr23-194
夕食の帰りにズボンの裾をびちゃびちゃに濡らしながら駅の中にあるコンビニでプロテイン飲料を購入。

ダンベル
ksr23-195
自宅から持参しました。
この日と次の日は土日だったこともあり、それなら部屋で筋トレができるよね!ということでw
さすがに重たいダンベルは移動する時に負担になるので、5kgのダンベルを2個。

そして22時頃から筋トレを開始して上記のプロテイン飲料を飲んでトレーニング終了!



3日目

釧路駅
ksr23-196
昔、入口の出っ張り屋根の部分に「946」と数字の看板が貼り付けてあったんですよw
946=くしろ
っていうことなんでしょうけど、訪れる人は大抵「何このダサい看板」って言いましたけど…w

駅構内
ksr23-197
昔ここに「豆地蔵」という飲食店が入っていました。
私が始めて釧路の地を訪れた時にここの飲食店でオムライスを食べたのをきっかけとして、
釧路駅を利用する度にここでオムライスを食べるのがお決まりのパターンでした。

しかし10年近く前に潰れてしまったようです…
ここでオムライスを食べることもプランニングしていたのですが本当に残念でなりません…。

又、特急スーパーおおぞらで札幌方面へ向かう時などは、おにぎり屋さんでおにぎりを買ったり、サーモン弁当やカニ釜飯弁当などを買って乗り込んでいたわけですが…
おにぎり屋さんも潰れてしまったんですねぇ…

何から何まで昔の面影が消えていきますね…

改札
ksr23-198
ほとんど変わってないですねぇ

長期休暇は実家に帰って、特急乗って釧路に戻ってくると「あー帰ってきちまったか暗黒の地…」という絶望感しかありませんでしたけどw
暗黒の地と勝手に言っているのは釧路は夏がほとんど海霧に覆われて日が照らず、寒く、テレビ東京の電波が通ってなくてアニメが見られないという牢獄だったからですねw

釧路湿原ノロッコ号
ksr23-199
ksr23-200
ksr23-211
ksr23-203
ksr23-204
ksr23-205
ksr23-206
ksr23-207
ksr23-208
ksr23-209
ksr23-210
※ノロッコ号は富良野にもあるようです。ラベンダー色の。

この汽車に乗って釧路湿原を見に行きますよ!
雨は前日までだったので曇り空ではありますが十分楽しめるかと!

写真では空いているかのように見えますが、出発間近になったら席はほとんど埋まります。

本来ボックス席の窓側が一番景色を堪能できる撮影に適した席なのですが、
さすがに前日予約した段階では埋まっていましたねぇ…
「通路側で相席になりますがいいですか?」ということで私は通路側です。


次回、湿原
おたにしみに。


ブログランキング・にほんブログ村へ

別窓 | 写真 | コメント:0 
釧路旅行2023⑥
2023-07-31 Mon 21:54
7月14~17日にかけて釧路へ旅行に行ってきました。

2日目

釧路市立博物館 
ksr23-153
ksr23-154
ksr23-155
ksr23-156
ksr23-157
ksr23-158
ksr23-159
ksr23-161
ksr23-160
ksr23-162

ksr23-167
ksr23-168
ksr23-169
ksr23-170
ksr23-171
ksr23-172
ksr23-163
ksr23-164
ksr23-165
ksr23-166

ksr23-1
ksr23-174
ksr23-175
ksr23-176
ksr23-177
ksr23-178
ksr23-179
ksr23-180
ksr23-181
ksr23-182

ksr23-192
ksr23-183
ksr23-184
ksr23-185
ksr23-186
ksr23-187
ksr23-188
ksr23-189
ksr23-190
ksr23-191

いい資料が揃ってるねぇ
さすが「市」の博物館は田舎の博物館や郷土資料館と比べてデカいわ…

なんかの方法で音声ガイダンスを聞きながら展示を見ることができるはず。
他の客のオッサンが聞いてるのを見てたんでw

閉館時間が近かったので一つ一つガイダンスを聞きながら、解説を見ながらだと時間が全然足りないのでね…

ゴールデンカムイも来てたんだなぁと!
アシリパさんの色紙がありました。

Amazonプライムでゴールデンカムイのアニメを見てます。
早く最新話来て欲しいんだよなぁ…

博物館も見終わって外に出ると…
まだ大雨でした…
雨上がっててほしかったんですけど…

とりあえずホテルに向かいます。


次回、雨・宿・汽車
おたのしみに


ブログランキング・にほんブログ村へ

別窓 | 写真 | コメント:1 
釧路旅行2023⑤
2023-07-27 Thu 22:09
7月14~17日にかけて釧路へ旅行に行ってきました。

2日目

ふみぞの湯
ksr23-126
ksr23-127
雨や湿気でベタつく体を洗い流します。
温泉ではなく銭湯ということで石鹸やシャンプーは付いていませんので、
手ぬぐい一本!というわけにはいきませんでした。
券売機でアメニティ(1回分)を購入できます。

住んでいたところから比較的近いところにあったのですが、
当時一度も行ったことがなかったので今回が初ですね。

なかなかに広々としていてよかったなと。
露天風呂も広いですし。
特にサウナと水風呂は大人気でしたw

釧路市立博物館
ksr23-131
ksr23-130
ksr23-128
ksr23-129
ksr23-132
ksr23-123
ksr23-125
ksr23-124
ksr23-136
ksr23-137
ksr23-138
ksr23-139
ksr23-140
ksr23-141
ksr23-142
ksr23-133
ksr23-134
ksr23-135
ksr23-152
ksr23-143
ksr23-144
ksr23-145
ksr23-147
ksr23-146
ksr23-148
ksr23-149
ksr23-150
ksr23-151
まずは1階。

1階が釧路の成り立ちや釧路の生態系などを見ることができます。
2階より上が釧路を中心としたアイヌの歴史や生活などを見ることができます。

閉館が近い時間帯に行きました。
客は一部の観光客でしょうか、外国人でした。
恐らく言葉からして韓国人。

海から山から川から釧路は湿原を保有するだけあって生態系が豊富ですね。

石炭も未だに採れてるはずです。
私が住んでいた時は「釧路コールマイン」が稼働していましたので、
タンカーに山盛りの石炭積んで中国(たぶん)へ輸出されてましたね。

白糠の海岸砂浜に落ちた石炭が流れ着いて転がってます。
まぁ大半カスみたいなものですけど、よくよく目をこらすとキラキラ光る石炭見えます。
さすが黒いダイヤと呼ばれるだけあって、綺麗なんですよねぇ

この博物館から厚岸方面へ海側を行くとコールマインがあったかなと。
当時はベトナム人が多く働いていたはずです。今はわかりません。


次回、2階アイヌゾーン
おたのしみに


ブログランキング・にほんブログ村へ

別窓 | 写真 | コメント:0 
| 赤兎馬に乗りて | NEXT